カードローンと借金の意味

銀行のカードローン、消費者金融のキャッシング専門カード、クレジットカードのキャッシング枠など、現在、目的を問わない無担保無保証人の借入方法がいろいろあります。
急に現金が必要となった時に利用できるように、クレジットカードにキャッシング枠を設けている人もいますし、銀行のローンカードをあらかじめ作っておく、という方も多いでしょう。

ここで気になるのが、借金とローンという言葉です。
借金とローンは違う意味で利用されることもありますが、金利と共に返済するという事を考えると全く同じ意味です。
ローンを組むのと、キャッシングでお金を借りる、つまり借金するのは違うと思っている方も多いのですが、ローンを組んでも組まなくても、返済の時金利ありで返済するのであれば、同じ借金です。

では借金とカードローンはどうなのかというと、カードローンができるカードを所有しているだけ、という事なら借金していることにはなりませんが、そのカードを利用して借り入れを行ったなら、借金と同じ、という事になります。

キャッシングもカードローンも借金も、「お金を金利付きで借り入れしているのなら」借金と同じ意味です。
言葉の違いで惑わされてしまいそうですが、キャッシングもカードローンも、違いがあるとするなら銀行や消費者金融など、貸付を行う業者によって金利に違いがあるという点でしょう。

当サイトはカードローンと借金について、様々な情報をお伝えします。
債務について悩みがあったり、これから借金をしなければならない方の知識としていただけたら幸いです。

Copyright © 2014 カードローンと借金の違いとは? All Rights Reserved.